MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
例えば、
357
333555777
と、繰り返したいときに便利。
サクラエディタを開きます。
正規表現にチェックを入れます。

 
置換前>(\d)
置換後>$1$1$1

今回の()の中のdは、数字のことで、$1は、置換前の()の中です。今回、$1$1$1で数字を3回繰り返すとしています。




3
3
3
5
5
5
7
7
7とか、縦にしたいときは、改行コード\r\nを入れます。


置換前>(\d)
置換後>$1\r\n$1\r\n$1\r\n





vPythonインストール方法

◆vPythonのページ→vpython

1)OSにあったダウンロードページへいき、ダウンロード。
私のPCにはもともとpython v3がはいっていたので
vpythonだけダウンロードしたけど動かなかった。。。
なので、python v2もインストールして共存させることに。そしたら動いた。


2)VIDLE for VPythonを起動させる


3) 適当に入力して起動を確認する。[F5]キーで実行。もしくは[Run]→[RunModule]
PDFを複数(画質は悪くなるけど)Wordに貼り付ける方法というか裏技というか、抜け道というかゴニョゴニョニョ。。。


まず、PDFを1枚貼り付けるなら、
[オブジェクトの挿入]

ただ、一枚なので複数枚貼り付けたい場合はPDFを一度スキャンして、再度PDFにします

で、おそらく画像データ的な扱いになるので、後はPDF上でピピとやれば全選択。

その繰り返しで【PDF】[contrl] + [c] ⇔ [control] + [v]【Word】の繰り返し。

画質は悪くなるのが許容できるならば、楽な方法です。
texはきれいに書けますが
表とか図とかが多いと、割と不便。

そんなときにlyxを使うと、lyx上でグラフィカルに作成してくれるので便利です。
こんなかんじ

0) texインストール

1)lyxダウンロード:PCにあったやつをダウンロードしてください
https://www.lyx.org/WebJa.Download


2) で、ダウンロードしたやつをクリックしてPCにインストール
私は特に変更なしでインストールしました

3) うまくいけば【LYX】みたいなのがでてくるのでそれをクリック!!

4)なんかかいて、右上の目みたいなアイコンをクリックするとPDF化できる
 
  


便利)[Contrl] + [M] で数式モードに。あとはtexの要領で[C_1]とか書けば、下付文字

便利2)[挿入] →[画像]でその場に図が!

便利3)[挿入] →[表]でその場に表が!
※フロートで枠を作っておけば、PDF化したときの位置が調整可能みたい
[挿入]→[フロート]


なんかかいて、その行で上のところをいじれば節とか、定理とか選択できる
はじめにを標準から節に変更してみた


bibファイルの作り方はここ→lyxでBibTexを扱う方法







まず、bibファイルをつくる。

そして、lyxで、参考文献を作成した居場所で[挿入]→[一覧/目次]→[Bibtex書籍情報]



[追加]を押下して、[Browse]を押下して、作成したbibファイルを選択してOK




こういうのができてくると、pdfにしたときにでるはず。
メモ:設定変更していなくて、本文中に使っていないければ、私のでは出力されなかった



jeconとか日本語を使いたいときは、本文中の上記部分を押下してダイアログだして、
Styleを[Browse]して設定してあげればよいみたい。



※文中に使っていないと出力されない設定にしてたら出力されないので忘れないようにメモ
※この最後の画像の[Content]を変更してあげると、文中に使ってなくても出力されるようになるみたい。
 1  2  3  ≫
HOME
【お知らせ】
◆お問合せ 88.hakumai.saiko@gmail.com

◆ホームーページ 08 -ゼロハチ-

◆Twitter はじめました。 @zerohachi_008 ゼロハチ
ブログ内検索
スポンサーサイト
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
スポンサーサイト
スポンサーサイト