MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
oTree インストールおよび起動ができている状態で、Pycharmでひらいています。
インストール方法について→【実験】oTree インストール方法
ファイル構成について  →  2-1【実験】oTree のなかみ (ファイル構成) 
view.pyについて      →   2-2【実験】oTree views.py

◆ model.py
class Constants(BaseConstants):
>該当プロジェクトの大枠を設定する場所であり、定数を置く場所のイメージ。

name_in_url = 'XXXXXXXX'
>URLの名前。settings.pyファイル(詳細:(準備中))と同一にしておく必要がある。


num_rounds = 5
view.pyのpage_sequenceで設定したページを何回繰り返すか。ここでは、5回繰り返す設定にしている。
※ 詳細  2-2【実験】oTree views.pyのpage_sequenceを参照。



他にも、画面から被験者の入力ではなく、システム側で設定する定数や定型文、配列を設定できる。
例えば、
----------------------
training_1_choices = [
'Alice gets hoge points, Bob gets 0 points',
'Alice gets 200 points, Bob gets 200 points',
'Alice gets 0 points, Bob gets 300 points',
'Alice gets 100 points, Bob gets 100 points'
]
----------------------
と、設定する。これは、画面上でラジオボタンで選べるようにできる。
まず、class Player(BasePlayer): で設定する。

class Player(BasePlayer):
>該当プロジェクトで入力された値をExcel(データベース)に入力するところのイメージ。
class Player(BasePlayer)にて、以下の通り設定する。
----------------------
training_question_1 = models.CharField(
choices=Constants.training_1_choices,
widget=widgets.RadioSelect(),
)
----------------------
choices=の部分に、class Constantsで設定したtraining_1_choicesを設定しているのが分かる。
widgetは、それをラジオボタンで選べるように(RadioSelect)を指定している。
Question.htmlを開いてみると、
----------------------
{% formfield player.training_question_1 with label='Suppose Alice chose to defect and Bob chose to cooperate. How many points would Alice and Bob receive, respectively?' %}
----------------------
がある。ここで、表示している。





入力された値は、【player.training_question_1】 の名前でデータ保存(データベース、何もしてなければExcelファイルの列名として)されている。





class Subsession(BaseSubsession):
→詳細:(準備中)

class Group(BaseGroup):
→詳細:(準備中)

≪  66  65  62  61  60  59  58  57  ≫
HOME
【お知らせ】
◆お問合せ 88.hakumai.saiko@gmail.com

◆ホームーページ 08 -ゼロハチ-

◆Twitter はじめました。 @zerohachi_008 ゼロハチ
ブログ内検索
スポンサーサイト
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 8 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
スポンサーサイト
スポンサーサイト