MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
oTreeで実験したときのServer設定です。
ServerにはHerokuというものを用いました(oTreeの説明ページ→Basic Server Setup (Heroku))。
自分でサーバーをセットアップする必要がなく、コマンドプロンプト上で自分のPCから設定可能。PaaSの一種っぽい。



①Herokuへアクセスし、アカウントを作成
※その際に、Pythonを選択すること

②自分のPCのコマンドプロンプトをひらき、パスでoTreeへ移動
>cd oTree

③コマンドプロンプトで、以下のコマンドを入力しherokuにログイン
>heroku login
※EmailとPassが聞かれるので①で作成したものを入力する

④コマンドプロンプトで、以下のコマンドを入力
>git init
>heroku create プロジェクト名

⑤アドオンのインストール
https://elements.heroku.com/addons/heroku-redisをインストールする
※無料だが、クレジットカードの登録が必要。登録せず、進んだら、⑥のopenでエラーがでた。

⑥コマンドプロンプトにて、以下のコマンドを入力
>pip3 install -U otree-core
>pip3 freeze > requirements_base.txt
※エラーがでた場合は、こっち>pip3 freeze | out-file -enc ascii requirements_base.txt

===============
>git add .
※カレントディレクトリに追加
>git commit -am "your commit message"
※who ...みたいなエラーがでたから、メールアドレスを登録した。
git config --global user.email "you@example.com"
誰が、変更したのか履歴を残すためだと思われる。

>git push heroku master

>heroku run otree resetdb
※注意:サーバーにあるデータが全部処理されます。

>heroku open
※エラーがでた場合は⑤を確認
===============

これで、1000時間無料の設定終了。
二回目以降は、=====の部分からでOK。

時間がもったいないから、使用しないときはメンテナンスにする。
メンテナンスオン:heroku maintenance:on
メンテナンスオフ:heroku maintenance:on

無料の残り時間の確認は
heroku ps






 67  66  65  62  61  60  ≫
HOME
【お知らせ】
◆お問合せ 88.hakumai.saiko@gmail.com

◆ホームーページ 08 -ゼロハチ-

◆Twitter はじめました。 @zerohachi_008 ゼロハチ
ブログ内検索
スポンサーサイト
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト
スポンサーサイト