MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT

oTree インストールおよび起動ができている状態で、Pycharmでひらいています。


①画面を構成するhtmlファイル                                                 
templateのプログラム名ファイル直下にある
> 拡張子がhtmlのファイルは、画面にでているソースコードです
ここのファイルをいじると、ブラウザにでてくる文字などが変わります。

 

②画面と内部処理を行うpyファイル                                           
templete直下にある
> 拡張子がpyのファイルは、pythonファイルです
views.py】は、画面で入力された値とのやり取りを表します
※詳細は、2-2【実験】oTree views.py  をみてください。
model.py】は、views.pyでうけとった値を計算したり、データベース(Excel)に格納したりします。
※詳細は、(準備中)ここをみてください。


-----------------------
①のhtmlファイルと②のpyファイルだけで基本的には動きます。
私が作ったときは、再帰処理をしたので、javascriptとCSSファイルを追加しました。
pycharmからではなく、oTreeフォルダの中からで直接メモ帳(sakuraエディタ)つかっていじりました。

③Javascriptファイル                                                 
> 拡張子がjsのファイルは、Javascriptファイルです
今回は、\oTree\_static\globalにjsファイルを置き、①のhtmlファイルの中でパスを指定して読み込ませました。

④CSSファイル                                                            
> 拡張子がcssのファイルは、cssファイルです
画面のデザインだったりを使うときに便利です。
今回は、\oTree\_static\globalにcssファイルを置き、①のhtmlファイルの中でパスを指定して読み込ませました。
≪  66  65  62  61  60  59  58  57  56  55  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
【お知らせ】
◆お問合せ 88.hakumai.saiko@gmail.com

◆ホームーページ 08 -ゼロハチ-

◆Twitter はじめました。 @zerohachi_008 ゼロハチ
ブログ内検索
スポンサーサイト
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 8 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
スポンサーサイト
スポンサーサイト